ISO27001の取得が重要【企業の情報管理体制を強化しよう】

パソコン

定期的にチェックしよう

システム

パソコンを使用する時にはソフトウェアが必要になります。ソフトウェアは人が作るものであるため、不具合が起こることもあるのです。設計上で起きたミスやプログラムなどによって起きた不具合は情報セキュリティ上の欠陥であり、その事を「脆弱性」と言います。脆弱性の状態でソフトを起動していても中々不具合に気づきにくいとされています。しかしそのまま使用していることで外部から不正にアクセスされ情報が漏洩されたり、ウイルスに感染したりする危険があるのです。そうならないためにも、脆弱性診断を定期的に行う必要があります。脆弱性診断を行うことで脆弱性であるソフトを瞬時に見つけてくれ、外部からの攻撃やウイルスなどからパソコンを守ってくれるのです。

脆弱性診断を行う方法には、ツール診断と手動診断の2つがあります。ツール診断の場合はツールを使用しての診断となるためコストを抑えて行えることと、パソコン上のシステム全体を調べてくれるという特徴があるのです。一方手動診断の場合は、自分のタイミングで脆弱性診断が行えるのです。診断を行う時にはツールを使用しますが、柔軟な診断が行えるため、調べたいソフトだけを選択して診断ができます。現在では、脆弱性診断を行う会社は沢山ありますが、ツール診断と手動診断の両方を利用して脆弱性診断を行う会社も多いです。脆弱性診断を行う場合は会社のやりやすい方法で行うとよいでしょう。脆弱性診断は、会社の情報を守る重要な役割を行なっているため、しっかり診断を行うようにしましょう。